日本は広い、旅をしたくなつた

梅雨入りして約二週間、今日は朝からやっと梅雨らしい雨で肌寒い。

雨だと家にいても何となく落ち着く、暇を持て余し親戚よりお見舞いに頂いた「日本の美しい里の四季」をめくる。春夏秋冬、全国約90ケ所の里山や風物詩を満載。見ているだけで日本は広いなぁ、まだ見ぬ土地を訪ねて旅に出たくなる。この本を持って何分の一かでも出会えたら良いだろうな。

タイミング良く、JAFよりドライブMAPの付属が来る。この地図の範囲は大体巡った記憶があるが観光地中心。この本掲載の写真を訪ねるのも良いかも。

山形県遊佐町8月、夕日を浴びる鎮守の森。稲穂が垂れ始めた真ん中に赤い鳥居、ここから先は神様の領域だぞと踏ん張っている。懐かしい風景。