桐積層脚つくり

関東の梅雨明け宣言はいつだろうか。連日の猛暑で工房は冷房フル回転。

今日は桐材の積層板作り。桐偏心脚四方転び腰掛けを3台作る予定。残念ながら脚にする厚50~60mm桐材在庫が無くなり、厚18~20mm材を3枚積層で脚にする予定。12本分をボンド接着でクランプ掛け。上手くいくかな?

厚24mmの桐板を長さ480mmに挽く。ウン十年経った材で、捻じれや虫孔あちこち。幅300mm以上あり勿体ない気もする。

幅55×長さ470×厚18~20mmを3枚重ねて脚1本分とする。桐粗材は砂埃まみれで、箒やブラシで落とすも、自動カンナかけ必要。カミソリみたいな替刃は即、切れ味ガクン。いつもの事ながら困ったもんだ。