銘木探しもエネルギーが必要だ

何を作るにしても先ずは材集め。日頃はgetした材で何を作ろうかと考え、自分の技量と相談しながら製作開始。今回はさくら材を選んでの物作りで逆コース。幅300×長さ3.000×厚34mmをget。地元の大手材木店オーナーのご協力により飛び切りり良材が入手出来た。日頃の交流と情報交換が生きて実現。最初のさくら丸太製材から乾燥、何を作るかの相談等を経て今回のget。3年越しになるかな、銘木探しも時間とエネルギーが必要だ。感謝。

 

製材して桟積み、上段は槐板でシート下がさくら板材。

フォークリフトで一気に持ち上げ板材の選別だが、苦労して製材・乾燥した材なのに申し訳ない気持になる。