折角の材、アピールして

「台風一過」の後は抜ける様な青空と書きたいところだが、曇天で涼しく、もう旧盆でそろそろ秋近しかな。今日も来客や材の仕入れ等で小刻み木工。8/20(日)に近くの大きな材木店・大忠(木力館)の夏祭りに出店予定で小物作りが続く。「子や孫のお守りとして無患子のどんぐりストラップ」を作っているが、折角の材。アピールに説明写真をいれてセットにする。どうかな。

無患子、なかなか読めないし意味も何となく推察される程度なので説明書を付ける。

とりあえず手持ちの材でこれだけ作ってみた。反応次第で追加も。材探しをしなくては。