五日ぶりに木工再開

8/22~26までの四日間は、DIYショーで準備や来客応対。今日は五日振りの木工再開で気分goo。9/24(日)にJWA技術講習会があり、その準備に取り掛かる。今回は掛け(置き)時計作りで、その台板をタモ材とさくら材で用意する。

取りあえず、タモ材250×250×30mmを20枚作る。粗材にカンナ掛けから空研ぎ磨きまで一連の作業。空研終わり、暑さも程々で屋外木工は楽し。

タモ材粗材/345×2.850×34mmを半分にcutしてカンナ掛け、厚30mmにして木取りする。立派な材で木取りするのが惜しい感じ。

スライドソーの一発切断は幅300mmまでなので、345を253mmに挽く。

縦幅250mmに挽いて、横幅253を手押しカンナで250に仕上げる。