とち杢輝くかな

仕掛中の「とち杢座板・偏芯四方転び腰掛け」の組み立てをする。偏芯脚に楔打込みの溝を入れてカリンと黒檀の楔打込み。座板にとち特有の杢が輝いており、仕上げ空研ぎサンダー、オイル塗布後も輝いているかな。

同じのを二組のセット。長径540mmありかなり大型。とち座板に杢あり。

偏芯差込部分を長めにターニングしてたので、座面上10mm前後を残しcut。

仮組して楔打ち込みラインを決める。

楔打込みの切れ目をバンドソーで入れる。