お上りさんの迎賓館見学

今日は地元の「いきいきクラブ/老人会」で東京見物の日帰りバス旅行。朝のうちは涼しかったが、日中は汗ばむ暑さ。国・公賓接待の迎賓館を30分程見学。

成る程立派なもの、もう少し規模が大きいと思っていたが、中は程々の規模。

明治~平成の時代を経て磨かれた迎賓館だが、西欧の模写の印象しか残らず、もっと日本らしい(何が日本らしいかは難しいが)迎賓館があったらなぁ~と思うのは自分だけかな。日本橋が35km離れたお上りさんの見学でした。

ついでに築地の場外市場に立ち寄る。先日火事騒ぎのあった隣りのまぐろ屋店頭にデンと置かれた「まぐろのお頭」さすがに築地だ。

その近くでテリー伊藤の親戚がやっている「卵焼き店」で、お土産の卵焼きをget。暑いので保冷袋に保冷剤を入れて購入。今夜のおかずに楽しみだ。

午後から新宿御苑に立ち寄る。30年振り位かな、平日の暑い午後で人影まばらでのんびり散歩。都心に18万坪もの広大な公園を残してくれた日本は偉い。

やっぱり樹が気になる。公園内に巨樹があちこちに、いちょう・かえで・さくら・何とか松等々。この染井吉野桜の巨木もたいしたもの、何十年聳えているのか。昨年来幅300~600×厚25~75mmの乾燥したさくら材を大量に使ったが、この生木を見ると逆算して随分さくら巨木を消費したのかと申し訳なくなる。今後は機会をみて、巨樹・巨木を見て歩こうかな。