べた黒の黒柿?

今日は午後からの木工で、黒柿のポーメペン作りと置き時計の仕上げ。

先日、孔雀杢の黒柿と真っ黒な黒柿のボールペン材を購入。残念ながら黒柿の知識が無く、自分でその良し悪し判断が出来ない。購入元の太鼓判があり、素直に黒柿と思ってボールペンを試作。真っ黒で本当に「べた黒」、もっと堅いと思ったが意外に軟らかくあれっ?。ゴールドとガンメタで6本。

見慣れた黒柿は、縞々があって千変万化の面白さがある。今回は「べた黒」で

黒檀なみだが、黒檀程の艶は出ず程々かな。

仕掛中の置き時計にムーブメントをsetして完成。時計盤はトチ、台座はケヤキ、支柱はパドック。数字の代用で12.3.6.9は径12mmの黒檀、他はパドック径7mmだが、ワトコ・ナチュラルオイル塗布すると色の判別出来ず。