芸術家の卵を応援したくて

今日は将来の芸術家の卵がやってきた。日本大学芸術学部彫刻コースの木彫を学ぶ3年生?二人。木彫と聞けば版画くらいしか予備知識がないが、こちらは丸太を叩きノミで削り出す本格派。お世話になっている方からの依頼で、大変ご支援頂いている工務店に応援依頼。栢木(カヤの木)の丸太を提供頂く。1.2年生は大学から教材の「木材」は至急されるが、3.4年は自由制作で自己調達とか。徹夜のバイトで稼ぎ教材の木材を求めるそうで、一肌脱いで「芸術家の卵を応援」したくなる。大成する頃は天国から鑑賞しているだろうな。

径600mmもあるカヤの木、節が多いがOKとの事。

2tトラックをレンタルして引き取りに来る。一生懸命な学生は気持ちが良い。皆で出来るだけの応援、条件は作品のレポート提出(大変かな)。