忙中閑あり

昨日の30℃から一転して15℃に。午前中、厚手の長袖にジャンパースタイルの木工。倉庫で乾燥中の無患子半割丸太は、虫食いでボロボロ。何か出来ないかと製材するが、ひび割れ多く細木にして「どんぐりストラップ」用にする。

10/15(日)新座市で新宿東京木材市場のイベントがある。生憎の雨予報で心配、本来なら準備で忙しい日だが、今からでは間に合わず。忙中閑ありの日。

2016年2月、川越の木挽き屋さんから頂いた無患子。白太部分は虫食いで穴ぼこだらけ。乾燥してひび割れ多く、細木しか取れそうにない。

皮を剥いて製材、器材が欲しかったがひび割れで残念。

相当前にgetした樺材、芯割れで半分に挽くもひび多し。

残ったのは、径170×厚27mmのパン皿材4枚分と70×200mm角材のみ。