下戸の大杯

夢工房ターニングday。毎週の事だがJWAの種々打ち合わせがあり、ターニング開始は10時前後に。今日は実質4時間のターニングを楽しむ。午前中は丸棒作り、午後から器作りの予定だったが、ふと浮かんだ杯に変更。初めて作って適当なもの。写真はケヤキ材で径225mm、水を400cc入れる。実際は180cc(1合)が丁度良い塩梅。お酒はからきしダメで、下戸の大杯かな。

 

こちらはササクラ材・径230mmの大杯。水を400cc入れたところ。

ケヤキとサクラ円板を持参、ターニングを始めたら杯になってしまった。

普段は真空チャックでターニングするが、真空チャックは微妙に振動(揺れる)

する。薄く仕上げる為に大型チャックにする。

暫らくぶりに拭き漆の予定。盃はやはりケヤキの木目が似合いそう。(右)