目ん玉入れて生き生きと

今朝の冷え込みは今冬一番の感じ。重装備で眼科へ、3ケ月一度の定期検眼の眼底検査。瞳孔が開き、元に戻ったのが午後遅く、仕掛中の干支dogに黒檀の目ん玉入れのみ。何でも表情と印象は目ん玉ひとつで決まる。これだけの数の両眼、黒檀ターニングで差込cut。ボンドで接着、目ん玉いれて生き生きと。