小さなボランティァ

雪の上を渡ってくる北風、一段と冷え込む。雪国の皆さんには笑われるが、温暖春日部人にはつらい。昨日のpm14:30~16:00の下校安全見守りは、耳が痛く手がかじかむ。交差点での旗振りだが、ちびっ子連の元気さに圧倒される。

1/月・三人一組で回ってくる。黄色の横断旗の柄が使い回しで割れたり折れたり。今日は2本の柄をターニングで作り取り付ける。径30×長さ200mmに穴径15mmを深さ70mm掘り差込接着。ウレタンニス塗布。ターニングで簡単に出来るが、一般の人には「びっくり」の世界。小さなボランティァでした。

上2本が割れたり折れたりの旗。下は2ケ月位前に作った桜の柄。

手に優しく持ち重りしない材を選ぶ。とち・ラオス桧材で柄を作る。

50mm角材から径30mmの丸棒を作るり,径15mmの穴をあける。

新しくなった出来た。旗振りの皆さんに気持ち良く使って頂けると思う。