金襴杉で試作

雪国の皆さんには申し訳ないが、今夜から埼玉県はまたも雪になりそうで賑やかな話題。今日は午前中1時間程の木工で「金襴杉」の薄いお盆を試作する。

お世話になっている工務店社長のご厚意で金襴杉を頂く。厚15×幅150~300mmまで取れて、今回は径275mmの薄いお盆をターニング。

杉脂がぎっしりで、厚みの割りにずっしりと重い。木目と色合いを楽しみにする「装飾お盆」かな。明日、追加ターニングしてウレタン塗装の予定。

厚15mmでチャック掴み代に、径80×深さ5mmを掘る。

先に裏面をターニング、脂の塊でペーパーは1回で目詰まりに。

肉厚7mmを残して表面をターニング。切れる刃物でないとダメ。

裏面を真空引きするが、脂効果か0.098MPaまで真空度上がる。ここまで上がると約1kg/㎠位掛かるのかな? 圧力換算表によると1MPa=10.19716Kgf/㎠とある。10.19716×0.098=0.999 ⇒ 約1.0で良いのかな?