欅を見直して

春かなと思うほど暖かい日。午後から会社OB会幹事会の為、午前中の木工で欅・厚と薄の円板挽き。毎夕食のサラダがカヤとトチのサラダボールで出てくる。昨夜は珍しくケヤキ大杯で出てきて新鮮味があり「これだっ!」と思い付き欅の円板挽き。ここ暫らく、さくらとカヤの器出番が多く欅を見直して、変わり種「何でも盛り皿」=大杯を思いついた次第。多分独り善がりだと思うが。

欅厚板・厚45×幅230~300×長さ1.500mmと薄板・厚25×幅350×長さ1860mmから円板を10枚切り抜く。

 

ひび・節・白太を避けて径220~300mmの木取り。

6mmブレードのバンドソーで円板くり抜き。ブレードそろそろ交換時期かな。

昨日の夕食で出された「ケヤキ大杯」盛りのサラダ。これで思いき。