積み木部材作り

ラジオで東京は桜満開で花見頃とか。当地/春日部は昨日一輪開いたのが今朝は

全面一分咲き? 一晩でこんなに咲くとはびっくり。清瀬市のシルームから「積み木が無くなったょ~」のTEL。昼頃から馬力をいれて.積み木作り開始。7時間ぶっ続けの立ち作業でくたびれた。昨年まではこんな事無かったのに。

今回は手持ちの杉厚板を挽いて、基尺40mmの積み木にする。製材・カンナ掛け・面取りをした角棒を40・80・120mmにスライドソーでcutする。さくら材で作れば高級積み木が出来るのだが、材が無く高くなりぎるので杉にする。

□の1.2.3倍長、△の大小、厚さ1/2の長四角等々約200個を作る。

径40mmの円筒作りに、桧厚板から50角の角棒を挽く。ターニングで径40mm丸棒を作りが待っている。

積み木収納BOXを3個作る予定。SPF1材1×8を木取りしてイラスト彫り込み。