久し振りの蓋付き器

夢工房ターニングday。今日は久し振りに山桜・蓋付き菓子器をターニング。4~5年前に木目がきれいな米松で蓋付き菓子器を何個が作った記憶がある。以来何十個~何百個の器や盛り器や木皿を作ったが、不思議と蓋付きはやらなかった。何でだろう?特にデザインは決めてなかったので、気の向くままに。

山桜・厚70×径205mmと厚30×径220mmを持参してターニングを楽しむ。

 

先に径180と185mmの蓋を作り、本体をターニングしながら現物合わせ。

本体のターニング。真空チャックで真空引きしながらのターニングは、僅かなブレが出るので高台兼チャック掴み代を先に作る。

仕上り径200mmはやや大き目かな。160~180位が手頃みたい。