作りついでに

明日から5月入り、周りの田圃は一斉に田植えが始まった。am6:00前チャリンコでポタリングへ。東武伊勢崎線の一駅区間は1.5~2kmで近い。春日部・一ノ割・武里・せんげん台の4駅の南北約6km位と東西約2kmの長方形周回コースで合計15~16km。前半スイスイ、後半おばちゃんママチャリに抜かれてがっくり。齢かなぁ~。ご近所さんが看板を見て「まな板」を作って~。作りついでに手土産用のまな板も含めて5枚作る。一応「木曽桧」銘木店の言で。

幅310×厚45mmの立派な「木曽桧」。残念ながら柾目ではないが、まな板には差し支えない。奥の茶色に日焼け板は、年数が経ち過ぎてやや?

全長の関係で、手前は横幅410mm、奥は450mmに挽く。

幅245mmに挽いて、厚45mmを35mmにバンドソーで挽く。その後手押しカンナと自動カンナで幅240×厚30mmに製材。

上下にゆるいカーブを付けて30mmの穴あけ、最近人気の形にする。