思い付きの試作品

いろいろなイベントでは、目新しいのが求められる。ネタ探しでyou tubeやnetを巡っている。どこかの工房で、この様な形の木皿を手丸カンナで作ってた。my工房は手工具は苦手で、電動工具に頼っている。単に研ぎが苦手なだけ。思いついて、杉材160×250×30mmの角板に径210×深さ15mmをターニング。裏も両端面を少しターニング。こんな形になった。問題は適当な材が無い事。サクラ・セン・トチ等を探さなくては。試作品はまずまず。

在庫の杉粗材をカンナ掛けして木取り。

暫らくぶりに長方形のターニング。端面が見えず勘頼り。裏面は危ない。

表面のターニング。長手円周のざらつき取りが手間かかる。

裏面表面はこんな形に。やや厚目で存在感がある様に。杉は安っぽい。