巣箱作り準備

昨日、両面カンナかけしてきれいになった無垢チーク・フローリング材を2枚、實の部分にボンド塗って接着。フローリング材の幅は80mm、巣箱の基本幅は150mmなので實をcutして150にする。巣箱1個で長さ延べ約1.500mm必要につき、10個分を用意する。普通は杉か桧板で作るが、チークは「御殿」かな。小鳥の巣作りは春先だが、秋にもねぐらを探して入るそうだ。

林野庁だったかの標準的巣箱スタイルの型板を作る。来客・外出で試作に至らず合間に作ってみよう。チークは地味な色でカラフルに塗装したいが、巣箱は塗装なしが基本とある。自然に溶け込む材でないと入らないようだ。