つるつるぴかぴか台に

夢工房ターニングday。品揃えに「コマ回し台セット」を作っている。水木で作った捻りコマ(自称・華コマ)と、銘木そまのので作ったコマを6個をコマ回し台にセットする。今日はそのコマ回し台を5個作る。コマ回し台は、通常で外形180×内径140×厚30mm前後。今回は大きめの独楽回し台の要望によりでかいのを作る。外形220~180×内径180~140×厚25~40mm。捻りコマを回すので、ツルツルピカピカの台にする。ターニング仕上げで#400空研ぎペーパーで磨き、シーラー+ニス+コンパウンド+カルナバの4段重ね磨き。ケヤキ材でどっしり、少々重いが、回して楽しく飾ってインテリァに。存在感あり。

ケヤキとサクラの円板を10枚ほど持参。ケヤキ材で作る。

このところ比較的柔らかいカヤ・さくら・カエデ・トチ材等のターニングが多かった。今日は固いケヤキで少々時間がかかる。チャック掴み代を3mmにしたが、厚い材は飛んでヤバイ。5mmは必要、写真は厚45mmでチャック掴み代5mmにする。リム(縁)を20mmにして中心にラインを入れる。コマを6個配置するので、位置決めのライン。

ピカピカ4段重ね磨き、ケヤキの木目がきれいに出てgood。

コマ回し台には勿体ないケヤキ厚板。でも用途によって止む無し。