替刃を交換しなくては

今日は午後からの木工で、桧まな板作りを始める。馴染みの銘木店から桧板を購入、木取りして自動カンナ掛けを途中まで。DELTA自動カンナは替刃式。チーク・フローリング材を裏表カンナかけしたら、当たり前の事ながら「鈍ら」に。チークは固い、時間切れで明日替刃交換して再開予定。この替刃は高いんで、コスト計算に入れなくては。

幅210~270×厚35~42×長さ1.200~2.000mmの桧板。

今回のまな板は大き目で、幅200~240×長さ400~420×厚18~30mmの予定。板材の厚が1枚では厚すぎ、半分に挽いては薄すぎかも。

明日、カンナ掛けの結果によって決める。