けやき材に手こずる

清瀬市のショールームから「お椀」の要望があり、明日作る予定で材を探すが適当なのが見つからない。倉庫の片付けを兼ねて整理したら欅材が残っていた。幅270×厚210×長さ500mmが2個。重くて持ち上げにやっと。バンドソソーで挽き始めたが、途中がガッツン。ビクとも動かず。引いても押しても叩いてもてこでも動かずさて困った。窮余の一策で、クランプで手前に引いたり、バールで持ち上げて手前に落としたり。何かの拍子にガタンとブレードの食い込みが外れた。悪戦苦闘の1時間半。ブレードの歯が一枚ひん曲がり。ブレードの切れ味が落ちて、そろそろ交換時期だと思っていた矢先。手こずる。

6~7年前か、竜ケ崎のツキ板工場でgetした記憶がある欅角材。50cmに挽いて倉庫に積んでいたもの。全部使ったと思っていたが、出てきた残り材。

ブレードを交換して厚100~120mmに挽く。今度はスイスイでOK。

お椀用に径110~130mmの円筒にする。

ひび割れや芯を外し、9個分を木取りする。大汗かきかきやっと出来た。

pm15:00のmy工房は35.8℃×湿度38%。そろそろ冷房を入れようかな。