まな板転じて踏み台に

この炎暑これからが本番らしいが、はやうんざり。たまらずAC入れて工房は26℃で快適だが、屋外工房と出たり入ったりで体が落ち着かず。先日、天然木曽桧銘入り板材を購入してまな板用に木取り。自動カンナ掛けしたら裏側にピンホール多数出て使えず。窮余の策として踏み台天板に変身。仕上がりで、奥行230×幅400×高さ200mmを7組。仕上げはチークオイル塗布予定。

表面は立派な木曽桧。高級まな板に出来る素材。

裏面はこの様にピンホールが多数出て、まな板としては使えず。

踏み台用の側板は杉材にする。厚60×幅800×長さ900mmの杉厚材があったので側板用に挽き、厚27×幅235×長さ900mmの板材にする。

手押しカンナ+自動カンナを掛けて踏み台用の木取りをする。