最後の角材処理

暑さ本番の8月入り、pm16:00来訪の常連さん「外は40℃になっているよ」との事。午前中は汗だくの屋外片付け、午後から27℃の快適工房で細かな作業。5~6年前に菓子器を作る予定でベイマツ角材を購入したが、ついぞ出番無く処分扱いに。四面細かなひび割れで挽き落とし、中身で円板を取り出す。

径200×厚75mmあれば菓子器にはなるだろう。

幅230×長さ1.600×厚120mmのベイマツ角材。チェンソソーで半分な挽いて、四面のひび割れを挽き落とす。210×1.300×75mmが残る。

6mmバンドソソーで円板切り抜き。

女房から隙間台を作っての要望。タモ材で簡単組み立て、チークオイル塗布。

ちょうど処分しようとしていたタモ材の出番があり良かった。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (木曜日, 02 8月 2018 08:01)

    暑いのに頑張ってますね、水の補給は欠かさないでください。
    端材も隙間台に生まれ変わって良かったですね。

  • #2

    つねさん (木曜日, 02 8月 2018 16:36)

    ありがとうございます。
    この暑さに自宅も工房も一日中ACフル回転。東電の請求書が恐ろしい予感。
    TV予報では、関東も東北もあまり差が無いようですが、青森は涼しいかな。
    お互いに要注意「熱中症」ですね。頑張ってください。