思わぬ誤算で

今日の予定は、午前中にスライドソーと手押しカンナの刃交換と板材棚のバラシだった。いつもならスライドソーの刃交換は10~15分で出来るが、安全カバーのバネが飛び出して再組み立てに四苦八苦。思わぬ誤算で無駄な1時間。

カバー真ん中にあるバネの入れ方が分からん。クイズみたいだが回答出ず。イライラ募り、遂に研ぎを依頼しているパネルソーのメンテ会社に持ち込み。社長も汗だくで30分の格闘,やっと元に戻る。流石に機械屋。感謝!

こちらの手押しカンナの刃交換も10~15分でやってきた。ところが6角ネジの1本が噛り付いてどうしても緩まず。6角レンチで何回もトライ、山が舐めてしまい空回りでギブアップ。途中で放り投げ、さてどうしようかなぁ。

600mmに切りそろえてぎっしり並べていたタモ・桜・ナラ・ウォールナット等の板材の棚。ほとんど使い切り、最後は焼却炉へ持ち込み。午前中にバラシ完了予定が午後にもづれ込み思わぬ誤算。ついてないこんな日もあるんだ。

きれいさっぱり「更地」に戻った棚のあった場所。あっけないものだ。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    chipsnobu (月曜日, 17 9月 2018 19:13)

    あららネジがなめてしまいましたか。

    私はそんな時556スプーレーしてインパクトで一気に回してやると大概外れましたが

  • #2

    MU工房 (月曜日, 17 9月 2018 22:05)

    もし556でも外れなかったら、ネジ山の内側と同じかチョッとだけ細いドリルで上から直接穴を空けると簡単に外れました。
    これ「ももとせ工房さん」から教わりました。

  • #3

    つねさん (火曜日, 18 9月 2018 17:28)

    皆さんいろいろとありがとうございます。
    明日にでも教えていただいた方法でやってみます。
    うまく出来れば生き返るのだが。