バードハウス作り

夢工房ターニングday。今週も杉と桧でバードハウス作り。左右が杉の胴と桧の屋根。中がリョーブの胴と杉の屋根。大中小様々だが、特に規格がある訳でもなくある材でターニング。気分次第でどうにでも。接着・塗装これから。

4寸(120mm)杉柱×長さ150mmでターニング開始。

杉柱は柔らかいので、フォスナービット50・65・80mmで100mm掘る。

胴の太さに合わせて屋根をターニング。庇を兼ねてやや大きめに。

出入口35×止まり木15mmの穴あけ。底に水抜き10mmを開ける。これから。

胴と屋根の接着は、呑み込み15~20mmの溝を掘り差し込みボンドで接着。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (水曜日, 10 10月 2018 13:07)

    可愛い巣箱ですね。
    どんな小鳥が住み着くか凄く興味が沸きます。
    ミズキの件忙しくてまだ夢工房には連絡していません。
    出展が終わってからにしようと思っています

  • #2

    つねさん (木曜日, 11 10月 2018 17:30)

    ありがとうございます。
    この辺は雀か四十雀くらいなら入ると思いますが、どうかな。
    自然風と木目をつぶしたくないのでペイントはしてません。
    腐食防止に木固めエース2~3回塗布。2~3年経って汚れがついてから
    入るかも。新居は新築臭い?が抜けないとダメかも。
    青物ひば・りんご見事ですね。