見納めのアメ車かも

このところ晴天続きで秋を楽しんでいる。最後の(前)工房に行く。すぐ隣にいつものアメ車、秋らしくマロン色と思いきやSMOKY PINKとあった。30年位前だったか「ピンクのキャデラック」の映画があったと記憶。製作費1.900万$・興行収入1.200・差し引き700万$の赤字とかあった様な。もう工房に行くことも無く、多分これが見納めのアメ車になるだろう。

落ち着いた大人のピンクかな。

一目見てすぐキャデラック! ひと頃は成金か金満家かその筋のボス愛用車のイメージがあったが、2018年ともなると??? ゴージャス車は化石車かな。

8年前に穴掘り、ブロック埋め込み、柱建て、ペンキ塗り等2ケ月間休みなく夢中で建てた事を思い出し、愛おしくもある工房。

最後にまた雑巾がけをして見納め。もう行くことも無いだろう。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (土曜日, 03 11月 2018 19:58)

    工房の見納め寂しいですね。
    誰でも何時かは通る道、自宅マイ工房で気持ちを入れ替えましょう。

  • #2

    つねさん (日曜日, 04 11月 2018 21:33)

    ありがとうございます。
    いつまでも終わった事を懐かしんでせんないこと。
    自宅my工房の手入れを少しずつ始めています。