来春の花を楽しみたい

当地ではあまり関係ないが、ハロウインのバカ騒ぎが明けて早や11月入り。いままでは、1.5km離れた工房へ盆も正月もなく通っていて、我が家の庭はほったらかし。今日は思い立ってネズミの額ほどの「お恥ずかしい花壇」のメンテナンスに取り掛かる。来春の花を楽しみたくて、大分古くなった囲い(柵)の上に新しく桧厚板を張る予定。馴染みの銘木店から奈良木材の桧・厚45×幅125×長さ2.000mmをget。スライドソーで挽いて仕上がりイメージにする。

 

昨日水洗いしていた古い囲い(柵)は、ウエスタンレットジター材に防腐・防水塗装をしていたもの。何年経ったか忘れたが、剥げて干割れが発生していた。

防腐剤のクレオトップをたっぷり1回目塗布。明日2回目塗布予定。クレゾールの匂いを気にしていたが、ほとんど匂わず。

周囲の囲いは格好のプランター置台になり、適当なものを置いていた。チューリップは10月中旬にプランターに植え込んだが、水仙・ムスカリーはこれから。遅かったかな。HCで適当なものを選んでみよう。2回目の塗布が終わったら桧厚材をのせて塗装する。天気が続けば助かる。