ちっとも進まず

このところ医者通いや野暮用で、本格的な木工から大分離れて幾分のんびりしている。前の工房から様変わりして音や埃が出せず、隣近所の顔色を伺いながらの木工ではストレスが溜まり安全弁が弾けそう。途中でお蔵入りしていたair planを引っ張り出して部材揃え。ファルカタ材で軟らかいが、思ったより筋っぽく色合いいまいち。1時間ほど捻くりまわすがちっとも進まず。不器用さに自分ながら呆れる。角丸め前に仮組してみる。

 

木工本掲載の図面を拡大、切り抜くが収まりがバラバラ。彫刻刀で削り調整。

プロペラシャフト挿し込みの9.5mm穴あけ。