削る楽しみで

夢工房ターニングday。今日はカエデと杉円板を持参していつもの「盛り器」ターニング。10月に作ったのもあったが、あちこち訪問先へミンカや柿を自作器に盛って手土産に。上手い下手は別にして、自作の器が喜ばれ作った甲斐がある。夢工房で存分に気の向くままターニング出来るので、器を作ると同時に削る楽しみを満喫できる火曜日。削り木屑が45L袋満杯になる。

(前)工房で円板に切り抜いたターニング用材が結構あり、そのうちのカエデ。

径180~190×厚45~60mm前後の盛り器。小人数家族が多くなり、あまり大きなサイズより、この程度が喜ばれている。

左寄りカエデ4個・杉5個。右の濃い色は金襴杉で脂がすごい。

高台は径の1/2前後にして、塗装後のペーパー磨きを考慮してビックマークのVL-120チャックで掴める様にしている。