豪快にやってみたいが

今日は暫くぶりに清瀬市のショールームへ納品と打ち合わせ訪問。いつもの事ながら片道37kmに2時間の道程。往復と打ち合わせで一日掛かり。工房閉めと自宅工房での小物作りで、依頼品と在庫納入は僅かな物。それでも気持ちよく受け取り展示販売して頂き感謝あるのみ。今日はもの作りなしで、毎日はまっているyou tubeターニングの「豪快にこんなのやってみたい」をup。

欧米のターナーのやることは豪快。画像で見る限りは、広々とした工房と充実したターニング用機材と道具は羨ましい。望むべくもないが。

アイアンウッドと表示されていたが、こんな材がget出来ればなぁ~。

樹種は不明だが、原木でこの形。何だろう?

ターニングの切断面は棕櫚の木目の様に見える。ザラザラの粗目。

オイル塗布でピカピカ。ラッパ型で随分深いが面白い形。