気軽に使える様に

夢工房ターニングday。今日は杉厚板円板を持参して「果物盛り器」をターニング。仕上がり径260~300×高さ70mmで口を開いて見た目大きく。高台10・厚10・深さ50mmでリンゴ・柿・ラフランス等大き目の果物盛りをイメージして。本音は唯単にガリガリターニングをしたいので。正味4時間×6個×削り木屑45L袋2杯分。存分にターニングして気分goo。ケヤキ・トチ・セン・カエデ等ならより付加価値が高いが、杉なら気にせず気軽に使える。

 

テーブル用の幅広長尺杉厚板を挽いて、仕上がり径250~300mmの円板を11個取る。そのうち6個をターニング、来週にあと5個作る予定。

一応柾目だが、もう少々明るいピンク系なら申し分ないのだが残念。

これだけは底を角型にしてみる。

最近の高齢化と少子化や狭いスペースで器も小型が好まれるが、リンゴや柿等はどうしても大きくなる。木固めエース仕上げ予定。吸い込みが激しいな。