チェンー挽き

昨日が冬至だったのを忘れていた。昔から冬至には、あずきカボチャを食べるのが楽しみだったが、普通のカボチャの煮つけだった。今日は朝から降るのか降らないのか、ぐずぐず天気。amは早めに年末の庭や車庫・玄関回りの掃除。

pm暫くぶりのチェンソー挽き。樫の角材と厚板をバンドソーで、木取りするのに前処理として持ち上げられる大きさに挽く。180×180×1.000mmの角材は、重くて400と600mmにする。新品の替刃を付けて気持ち良く。

研いで使う予定だったが、相手は樫と桑の固い材。研いでも、なまくら歯では時間の無駄と思いHCから新品替歯購入して交換。

暗い倉庫から引っ張り出した樫厚板、明るい所で良く見ると木口にひび割れ予想より多い。

厚80mmで、樫特有の斑点or色むらあり乾燥十分。

径280mmの桑材、白太に虫穴ありどれ位使えるかは不明。