今年もお世話になります夢工房

2019年初の夢工房開き。火・水・木の3回/週ここで5人が交代でターニングを習い、習熟に努めている。自分は(火)組で、入門10年生でいつの間にか古参兵になってしまった。でもターニングについては、未だ初年兵止まりでうだつが上がらない。年末に右親指がストライキを起こして、今日は新年ご挨拶でターニング無し。今年もお世話になります夢工房の皆さん。年末に全員で大掃除したままのターニング道場。

地下工房入口で出迎えてくれる夢工房看板とチェンソソーアートのフクロウくん。

地下工房入口前の諸電動機械類。

作品棚には、門下生の作品や寄贈木工品が並ぶ。

地下駐車場は3台入り、銘木各種が整然と格納さされている。

あちこちに分散ショーケースには、世界の有名ターナーの作品が飾られ参考になっている。

この片隅にでも陳列される作品作りに精進するのが、門下生の目標でもあり、励みでもある。

(今の腕では、あと10年は無理だろう。その前にへたばってしまうだろう)