三世代交流餅つき大会

今日は地元自治会の夏祭りに続く二大イベントの「親子三世代交流餅つき大会」。初雪がちらほら舞う寒さ厳しい中、焚き木を燃やして暖をとりながらワイワイガヤガヤ。

衆議院議員・市長・市議会長・県会議員等も恒例の参加で賑わう。

my工房は、独楽・羽子板・輪投げ等々の担当でボランティァ。

 

30kg×8臼搗いて、搗きたての餅を賞味。餡子・ゴマ・からみ・白菜漬け・大根漬け等が振る舞われ満腹。

石川市長は農家出身で、餅つきは得意技。「模範演技で餅つき」上手いもんだ。このあと独楽回しや羽子板つきで子供たちと「お遊び」。

また春日部市を応援するキャラクターのクレヨンしんちゃん名刺のお年玉。

つねさん工房提供の看板各種・独楽各種・羽子板で遊ぶ。

独楽回し台の大中小も設営して人気。

入れ代わり立ち代わり子供たちが来て回すが、今の子達はほとんど回せない。教えてあげるが、飽きっぽくてすぐ居なくなる。

でも回るとニコッと嬉しそう。

 

投げ独楽、こちらもうまく出来るのはおじぃちゃん連中。

白の石川春日部市長は上手い。

確か68~69才だと思うが、この年齢層は子供時代の遊びで慣れたもの。

あいにくのみぞれ模様の曇天だが、ちびっ子集まっての記念撮影。

後列・右からでかいのは鬼丸春日部市議会議長・隣の白・石川市長・黄・土屋品子衆議院議員・左端・青木自治会長・右端・つねさん。看板・つねさん作。

(元)土屋参議院議長・埼玉県知事の娘で現衆議院議員の土屋品子との1枚。

独楽回しで独楽に興味を持ち「この独楽誰が作ったの?」で呼ばれて記念に。

捻り独楽と引き独楽をプレゼント。持ち帰って回すことはあるのかな?