さくら枝花台2

予報ではam雪だったが、降らずに寒い曇天の一日。三日前に木工仲間の手助けで、川越市の屋敷林から桜の枝を貰ってきた。今日はその枝で花台を作る。テノンカッター(鉛筆削りの大型)で3/4"の雄雌にして組み立て。ボンドとコースレッドで固着。生木の為仕上がりは結構重いが「さくら枝花台2」完成。

 

木工旋盤にテノンカッターをsetして回転。さくら枝を挿し込んで3/4"の雄を作る。生木でスルスル。

ボールバンで3/4"の穴あけ。

枝は曲がりゃ捻じれがあり、現物合わせの穴あけにもなる。

仮組して捻じれを力で調整する。

ガタツキ調整後にボンドとコースレッドで固着させる。

手持ちがあった紫檀の板で(表示板)をぶらさげる。

am10:30工房は4.2℃で寒い。amはファンヒーターを入れる。pmは8.2℃まで上がり暖房無し。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    MU工房 (月曜日, 11 2月 2019 17:54)

    これいい。
    座部分をチョッと平らにして椅子にしたら最高ですね。