暇なもんでまた2台

昼の工房は20℃にも上がり、「快適な工房」とは言い難いが動きやすい。

特に作らねばならないのも無く、暇なもんでまたまた花台作り。左は桧天板に桜脚、右はオール桜で防滴防腐塗装1回目。ミニミニ花壇の球根もぐんぐん芽が伸び始め、そろそろ花台に見合う草花を置こうかと思っている。花台か草花か、どちらが主役かな?

左・桜板厚45、右・桧板材厚35mがあったので天板にする。

生木の桜枝を長さ220mmにcutして2台分用意。

テノンカッター1"を旋盤でスロー回転、桜枝を挿入して差し込みを作る。

生木でスルスル気持ちよく削れる。

天板に1"の穴をあけて仮組してみる。

ボンド接着と抜け防止にコースレッドを打ち込む。飛び出た首をマルチツールでcutしてサンダー掛け。この後、水平調整に脚をcutする。塗装へ。