ペンスタンド部材3

昨日一日中降り続いた雨も朝方上り、昼頃から工房は20℃の暖かさになる。

am・pm通院の合間に仕掛中のペンスタンド部材作り。羊本体の整形と削り、黒檀の目玉入れ。電動彫刻刀で削りをやる予定だったが、意外にも削り捗らず。手押し鉄棒にハンドルをターニングで作り挿入、押しノミ方式。good。

先日バンドソーで切り抜いた羊body。

目玉入れの穴を2mmであける。

黒檀をテーパーにターニング、目玉穴に差し込み鋸で切り落とし。

長いハンドルを付けて、押しノミ方式で「彫刻」浅丸ノミの研ぎが難しい。

削り・目玉入れ・空研ぎ磨きで仕上がった羊11個。明日には耳・脚をつけるて組み立て予定。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    木挽屋 成瀬吉明 (金曜日, 01 3月 2019 18:26)

    やっぱし目玉いれると雰囲気が ジャン! とかわりますね。 押し鑿はちと辛いってか、疲れそう(汗)

  • #2

    つねさん (日曜日, 03 3月 2019 16:27)

    ひな人形作りのTVで、顔だけの職人がいて目を入れるのが一番難しいとか。こちらはターニングでチョイチョイのごまかしです。