秋葉杉の使い切り

夢工房ターニングday。いつもの事ながら、道すがら眺める富士山は春霞に朧げ。代わってヒマラヤ杉?の並木が色づき始め、残り桜が舞う。

今日は最後の在庫、秋葉杉円板を持参して「パン皿」作り。さくら材で作りたいのだが材のgetが難しい。秋葉杉は木目が詰まって色合いも普通の杉よりベター。径170~270mmまで混ぜて8枚、桧で1枚、計9枚をターニング。10枚持参したつもりだったが1枚足りなかった。これで秋葉杉の使い切り。

滅多にget出来ない秋葉杉。結構つくったが、あちこちに嫁入りして最後の材。

軟らかくターニングは容易。

先日、材木店主より桧で器や皿は?

白木のままだと色白で良いのだが、木固めエースを塗布すると黄味掛かってイマイチ。

ターニングは3時間で終わり、早上がり。帰宅して塗装へ。

木固めエース1回目の塗布。狭くなった工房で隙間に並べる。