砂利道散歩

今日は憲法記念日ながら令和の始まりで霞んでしまった感じ。TVでは安倍総理が憲法改正云々を講じていたが、年々憲法談義が少なくなっている様子。雨の心配は無さそうで、狭い庭ながら石を掘り起こしたり、ブロック積み等でいささか草臥れた。一休みして、砂利道コースの散歩へ。田植えシーズン入りで、田んぼに水が入り用水路も流れ始める。たまには砂利道散歩も良いもんだ。もう少しするとこの用水路は釣りが始まる。ビールケースが並んで待っている。

土手のからし菜の花が終わり、実の入った鞘が膨らみ始めた。

田植え用の苗をつんだ軽トラをると、苗床から伸びた稲が見事。

折り返し点にでんと構えている「大木/名前不詳」。冬枯れの折は寒々としていたが、今は新緑の若葉で活き活きと。小一時間で約8.000歩の散歩。