豊洲市場見学に

東京/日本橋にある会社に44年勤務、リタイァ後15年も経つとすっかり埼玉の田舎っぺに。今日は自治会いきいきクラブ(老人会)で築地に代わる豊洲市場見学に。狭くごみごみした築地市場に愛着があったが、豊洲市場に移転して7ケ月とか。広すぎて全部はとても見学出来ないが、新築・清潔・広々として確かに立派な市場。埼玉県民には直接関係ないが、一見の価値あり。

 

築地。豊洲市場と言えばマグロが代名詞。築地市場で取引された最大のマグロ。でかくて迫力満点。

1986年4月に種子島沖で獲れた最大級のマグロ。496kg・長さ2.88m・胴回り2.36mとプレーにあり。

自分の体重の8倍のマグロ。順番待ちで記念の一枚。

飲食通りは寿司店一色。地代家賃が高すぎるのか、庶民にはチト物怖じする価格。でも一度は入って話題作りも良いかも。

am9:30取引はとうに終わっていて閑散としていた。真ん中一番奥に冷凍マグロらしきものが1本転がっていた。帰途、バスの車窓から築地市場解体工事真っ盛りの様子が見られた。場外市場は相変わらずの大賑わいだったが。

お台場のホテルで昼食後、浜離宮恩賜庭園をしばし散歩。びっくりしたのは、赤松の枝が平べったく伸びていた事。幹や枝は丸いのが当たの前と思っていたが、こんなの初めてお目にかかった。輪切りにしたら面白いだろう。不敬?