こんなの作ってみたいが

今日は野暮用や外出で木工お休み。代わっていつものyou tubeより。oak(楢・樫材)のどでかい(どんぐり)。物入か観賞用か分からんが、材・大型旋盤・体力・腕・気力の6拍子が揃ったら是非作ってみたい。存分にターニングの醍醐味を味わえそう。現実には、チャックで掴んでいる大きさ位が限度かな。

 

 

目見当で径400×長さ800mmもあろうかと見られるoak材。

スピンドルでターニング。実と蓋(かさ)部分を先に作る。

これだけ深くターニングするには、相当な腕と体力が必要だ。

ドレメルのrotary tool/フレキシブルシャフトらしき工具でかさ部分の装飾。

この様な作り方もたまには取り入れてみたいもの。