時計ばっかり作っても

今日は夢工房ターニングdayだったが、工房の都合でお休み。断続的な激しい大雨で、自宅待機でのんびり。昼近くにはじっとしておられず工房でウロウロ。槐の端材と時計のboxが目に入り、またまた置き時計作りへ。時計ばっかり作ってもしょうがないが、精神安定剤と思ってゴトコド開始。

槐の220×220×45mm端材と丸型時計が目についた。一番簡単な置き時計作りを始める。

 

時計埋め込み穴、径75×深さ20mmを掘る。

端材で白太に虫食いや割れが若干。

カッターとスピンドルサンダーで削り取る。

置台はタモ材と10mm丸棒で作る。

時計台板の底を角度15度に挽く。側面の形。

裏に槐(えんじゅ) とつねさん工房の焼き印。

Feed-N-Waxを摺りこむ。乾燥するとやや白っぽくなる。Waxにオレンジオイルが入っているので、オレンジの香りが漂いgoo。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (火曜日, 21 5月 2019 22:42)

    時計サッサと作ってしまうなんて流石です。
    素朴でいい。

  • #2

    つねさん (水曜日, 22 5月 2019 20:56)

    ありがとうございます。
    こんな程度でしか作れません。MUさんの様に高度な作品には、程遠いが致し方ありません。新作品のupを待ってます。