my工房は「酷暑日和」

TVでの予報では、さいたま市32℃になるとか。朝からのピーカンでぐんぐん上昇。気温は今年最高だが、湿度が低く暑いがまだ5月を実感。

ペンダント作りをするが、my工房は「酷暑日和」で、早々にmy roomへ(避難)する。

pm14:15には、my工房の日陰1.7mにある温度計は37.1℃×湿度11%にも。

微風が吹き抜けるが、さすがに暑い。am10:30から始めたペンダント作り、昼食をはさんでpm14:30に終わりにする。

 

同時刻のmy roomは、26.8℃×37%で涼しく感じられる。

金銀銅入りのオリンピック・ペンダント円板。さくら・カリン・パオロッサ・ローズウッド・黒檀・ウォールナットの10mm厚×径53mm。

真鍮・アルミ・銅の径3mm丸棒を挿入したもの。

カリン、木と金属の相性の悪いターニング。片面毎にダイヤモンド丸棒で研ぎながら。

黒檀、薄くて軽い五輪ペンダントを進呈した老婦人と団体バス旅行で一緒に。下げてこられたのを見ると、薄くて軽いのは「やや貧相」に見えた。今回は標準の厚さ(7~8mm)

にした。

偏芯穴あけ前のペンダント。

木固めエースを塗布、すぐ拭き取り色留め。(工房木陰さん方式)

乾燥させて、カルナバでバフ磨きをする。