歪み・捻じれを忘れていた

三週間ぶりに夢工房ターニングday。ここ2~3年来、軽くて薄いお盆が喜ばれる。杉/1・桐/3・けやき/2枚の計6枚を作る。厚みを計算に入れ、チャック掴み代(座繰りカッター径50mm)を作ってターニング。薄い板材の歪み・捻じれを忘れていて失敗。座繰りカッターの(へそ)約5mmが取りきれず、中心点にポツンと薄っすら残る。10年やっていながらビギナー的うっかりミス。orボケが入ったのかな。

 

 

さすがにケヤキは固い。久し振りの桐材。

秋葉杉の板材だが、木目・杢が美味しくない。唯の普通の杉材に。

沈み高台2~3mmでターニング。座繰りカッターのへそ跡残る。

4時間のターニングだが、ケヤキの歪み・捻じれに手こずり2時間も。

木固めエース塗布仕上げ予定。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (水曜日, 29 5月 2019 07:28)

    掴みのへそ取りきれなくて残念ですね。
    薄くて軽いお盆いいね、主婦に優しいお盆です。

  • #2

    つねさん (水曜日, 29 5月 2019 17:52)

    ターニング未だ途遠し。いつまで経っても愚図は愚図。残念ながら。