仲間の手助けに

毎週木曜日に自治会のグラウンドゴルフサークルの例会に参加している。平均年齢81~82才位と思うが、92才を筆頭に15~16人集まりワイワイやっている。広い市営グランドで木陰が無く、夏はカンカン照りに閉口し、冬は北風に煽られて閉口。苦肉の策で、ブルーシートを持ち寄り、張って木陰作りや防風対策。夏は片側は網目フェンスに結わえ付け、片側は畑や庭で立てる径20×長さ1.800mm位の丸棒にブルーシートを結わえ付けて木陰作り。これが一苦労。見かねて手助けに写真の「治具」を作る。径25mmの穴にシートと丸棒を挿し込み、紐で結わえる。実際に使えるかどうか木曜日にtest。簡易テントを寄付したが、重いし面倒で使われず。自然発生的な年寄り工夫が長続きするのかな。

桧で径40×長さ70mmの坊主頭を作る。これに60×60×19mm板材に径25mmの穴を開け、コースレットで留める。

 

四隅に6mmの穴開け、紐を通して結わえるつもり。