サワラ材のまな板準備

夢工房ターニングday。今日はターニングでなく、サワラ材のまな板作りの準備。夢工房は銘木各種の在庫豊富。その中に「サワラ」幅250×長さ1200×厚40mmの良材がある。3本購入して、ついでに厚さを半分に挽いてカンナ掛け。自宅で400mmに挽いて持参したもの。本格的な工房閉めにより、大型バンドソーと自動カンナを処分してしまったので、夢工房のを拝借して助かる。

日立CB-75大型バンドソーで厚40mmを半分に挽く。ブレードは25mmは幅だが、ドリフトで上下の厚さが若干異なる。ブレード幅75mmでも同様だった。

本職用大型カンナ。初めて使うが、使い慣れた自動カンナと原理は同じ。

最初は戸惑ったが、終るころになって慣れてきた。

SUZUSAN大型カンナ盤。バンドソーで厚さを半分に挽いたつもりだが、ドリフトにより、カンナ掛け結果は厚15~20mmの台板に。軽いまな板の要望なので、この厚さでOK。夢工房には木工機械・工具類が揃っていて大いに助かる。