有名な銅の像を思い出せなくて

今日は神道のお宅に弔問へ。前夜まで普通の生活ながら明け方に一人静かに息を引き取ったとか。結果的に「ピンコロ」で家族も呆気にとられていた。

趣味の油絵(バレリーナー像)が素晴らしく、何回か銀座で個展を開かれていた。庭先の塀に有名な「オオカミの乳を吸う子供たち」があったが、名前を思い出せずイライラ。帰宅後検索でBC753年ローマを建設したロームルスとレムス双子兄弟「狼の乳を吸うロムルスとレムス」の像だった。芸術家らしい雰囲気。弔問に伺ったが、仏教と勝手が違い戸惑うが弔問の意は通じたと思う。

ローマ建国にまつわる神話。お決まりの王位継承争いで川に流された双子兄弟。狼に育てられ、羊飼いに引き取られて立派に成人。仇を討って祖父を復権させローマを築いたとか。似たような話は伝わるが、銅像になっているのはこれだけかも。

ウキペディアに掲載されている写真。

油絵画家の遺作が沢山壁に掛けられて故人を偲ぶ。