この方が良さそうだ

台風の前触れで風があり、35℃の暑さの割に汗を楽しむ余裕あり。昨日に続き、今日はアクセサリーboxの蓋をミズキで作ってみる。昨日のカリン蓋は、本体対比で「重い」感じだったが、ミスキは軽やかさがある。この方が良さそうだ。あと5個分はミズキで作ろうか。でもシロ:シロではどうかとも思う。

蓋とつまみ(カリン)をピカピカ磨き。本体はヒバで白木のまま(香り)がある。

ミズキ厚45~50mmの在庫を引っ張り出すも、あちこち虫食い穴。厚23~25mmに挽いて5個分取れるか?

何とか6個分の円板抜き。虫食いの深さが気になる。

内側を先にターニング。ピカピカ磨き仕上げ。

外側にカリンのつまみを付けてターニング。ヒピカピカ磨き仕上げ。

赤黒い蓋がカリン。手前はミズキの蓋。ミズキ蓋の方がバランス良さそう。